社務所日記

 
 
   
2018.12.09   本日は、佐野原神社の裏にある地蔵堂のお地蔵様を移動を地区の方々が運びました。

先日、近くのお寺の住職様をお迎えし、お地蔵様の御魂抜きをしていただきました。
 
(写真右:住職様による御霊抜き  写真左:地蔵様移動))

 また、神社で使用する鈴緒と真榊に使用する五色旗を今年は新調させていただきました。お祓いをしてから取り付けさせて頂きます。
 
(写真:新調した鈴緒)
 2018.12.01 本日は天気も良く過ごしやすい日です。

毎月1日には地元の老人会の皆様が、佐野原神社・平松八幡宮の境内の落ち葉はきの御奉仕をして下さります。いつも感謝です。

(写真:掃除の様子)


平松区の氏神神社の八幡宮の千木(ちぎ)と屋根の修理が完了しました。きれいになるといいものです。他の箇所が古すぎて目立ってしまうような感じです・・・現在は壁が腐食してしまいトタンを貼っていますがいつかは修理しないといけないですね。
 
(写真:八幡宮修理前)
 
(写真:八幡宮修理後)
 2018.11.25  本日も天気がよく過ごしやすい日になりました。

 昨日にひきつづき正月用の準備をしています。

 また、学業成就と健康を祈願に五歳の男の子が七五三特別参拝にお見えになりました。玉串拝礼・祝い太鼓を奉納し神様に願いが届くように祈願されました。おめでとうございます。


(写真:七五三特別参拝)
 2018.11.24  本日は、日差しが出て暖かい日です。外で奉仕をしていると気持ちいい気温です。

 2019年正月にはたくさんの参拝者が神様に新年のご挨拶をしに来られます。その時に神棚に納めるおふだや縁起物、お守りをお受けになります。これから忙しくなるため今日は正月の準備をしました。

 絵馬は佐野原神社オリジナルの絵になっています。そのうらに佐野原神社の印鑑を押します。御朱印に使用する印鑑を小さくしたのをおします。

(写真:正月の準備 絵馬に佐野原神社の印押し)
 2018.11.23  本日は各地の神社では「新嘗祭」が執り行われています。

 「新嘗祭」は収穫した新穀を神に奉り、その恵みに感謝する祭です。

 皇室では、宮中祭祀の中の最も重要なものとされており、天皇陛下が神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えし、神恩を感謝された後、天皇陛下自ら召し上がる儀式が執り行われます。

 また、この日は「勤労感謝の日」でもあります。」「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」です。

 2018.11.18  本日は、山神社にいくと、佐野原神社で以前紹介した「ツワブキ」の花が咲いていました。

 今日も佐野原神社にはたくさんの参拝の方がいらっしゃいました。

(写真:山神社ツワブキの花)
2018.11.17    本日は天気も良く昼間は暖かい日でした。

 天気が良いと外に出かける方が多くなり参拝する方も多くなります。境内にお参りする時に鳴らす本坪鈴が鳴り響きます。

 境内では椿の花が咲き始めました。
 2018.11.11  本日は佐野原神社にて裾野市の学習センター主催の歴史講座がありました。

数人の受講生の皆様が佐野原神社に集まり、公民館の中でスライドにて宝物を説明し、境内の石造物等の説明があり、みなさん熱心に聞かれていました。

 また、佐野原神社の裏にある「地蔵尊」が老朽化の為、建物を解体することになりました。そのために本日地蔵尊会のみなさんでいらない物等を仕分けしてました。
 間近に地蔵の石仏をみるとものすごく大きいものでした。建てるときはまず地蔵を固定してから建物を建てたと思いました。
  
(写真左:拝殿内説明の様子  写真左:地蔵尊の片づけ(地蔵のみすべて搬出))
 
 2018.11.10  本日は、公民館にて地区の三世代交流会がありました。
三世代で協力し、焼き芋、豚汁、おにぎりは各自で握ぎって食べました。

 11月15日は七五三詣です。5歳の男の子が両親、祖父祖母と一緒に参拝に来られました。

 毎年、この時期になると神宮大麻の頒布式が厳粛に行われます。今年は、隣の地区の見目神社様にて執り行いました。この後、各御家庭にお祀りされます。社務所にて初穂料800円です。
 
(写真左:三世代交流会(焼き芋)  写真右:神宮大麻頒布式)
2018.11.04   本日は朝は雨が降りましたが、すぐに上がりましたが、午後になったら少しずつ降り始めました。
 この時期になると9月に咲いた彼岸花が枯れ葉が出てきます。緑色のジュータンになります。
その近くには、「ツワブキ」という花を植えてありますが、緑色した光沢のある葉で黄色い花がかわいらしく咲きます。
 
(写真左: 彼岸花の後の様子   右:ツワブキの花)
 2018.10.28  本日は、七五三詣の準備で拝殿に赤いジュータンをひきました。ジュータンをひくことで拝殿の中が明るくなりました。準備完了です。

 この前の台風の影響で掲示板が傾いたりしていたので補修作業を行いました。
  

 
(写真:七五三準備・お神籤掛け、看板修理)
 2018.10.27  午前中は雨が降っていましたが午後になりましたら雨は止みました。

 11月になると七五三詣で神社に参拝される御家族様がお見えになります。

 七五三で欠かせないのが「千歳飴」ですね。ご兄弟でお参りに来られるとどうしても七五三ではないお子様も欲しがるものです。今日は「千歳飴」の袋詰めのご奉仕をしました。どうぞ御家族の参拝をお待ちしております。

 佐野原神社では七五三詣特別参拝ができます。内容は「玉串拝礼」「祝太鼓」を奉納して頂き最後に授与品として「木礼」をお渡しいたします。初穂料:1000円

 また千歳飴は初穂料:500円です。

(写真:千歳飴の袋詰め)
 2018.10.21   昨日は、宝物展の一般公開を行いました。

 明治天皇より佐野原神社へ頂いた刀や銀鏡、明治政府や冷泉家の方々からの奉納としての短冊、色紙、掛け軸など展示しました。

 学問と文芸の神様であります祭神 二条為冬卿に対して書かれた内容の短冊を拝見すると、弔う思いなど感じることだ出来ました。

 来年も内容は変わるかもしれませんが宝物展は行いますので皆様のお越しをお待ちしております。

 今日は境内に入る前の花壇に花を植えました。大きくなるといいです~

 この時期になると、神社では着物をきたお子様を見かけます。七五三詣ですね。子供の健やかな健康を祈る行事ですね~佐野原神社でも七五三詣出来ます。

   
(写真:宝物展の展示物(一部))
2018.10.14   今日は、今週の土曜日に開催する「佐野原神社宝物展」の資料作りをしました。是非、ご近所やお友達を誘ってお越し下さい。

 今年の5月の佐野原神社の例祭時に提灯の台が風で倒れてしまい壊れている状態でした。今回、宝物展の公開時は拝殿に上がることができます。さすがに壊れている状態だと・・・本日修理しました。
 


(写真:上 宝物展打ち合わせ  下:提灯台修理)
 2018.10.06   先週の台風24号はまだ続いていました。

 神社の境内に植えてある大きな銀杏の木がありますが、紅葉にしては早いかな?と思っていましたが、よーく見ると葉が枯れていました。塩害でした。裾野市は海から離れているので、まさかここまで塩が飛んでくるとは思ってもいませんでした。確かにガラス窓がいつまでもくもっていると思いました。それなりの太い枝も折れているし・・・

 祭神の二条為冬の将軍塚の近くには御神木や大きな榊等が植わっていますが塚をよけるように太い枝が落ちていて被害はありませんでした。良かったです。

 ポスターや掲示物はほとんどどこかに飛ばされてしまいました。すみません!!

(写真:銀杏の葉 塩害)
 2018.10.05  今日は、平松公民館にてチェコ共和国人気アーティストのマルティン・コスさん、ステパン・コスさん、ゲストでジリー・ローハンさんの来日公演を行いました。

 公民館に美しい音色が響き渡りました。生演奏はいいものです。楽器等の説明や曲の説明を交えながらのコンサートでした。

 最後のアンコールは日本曲の浜辺の歌などをみなさんと一緒に歌いコンサートが終了しました。

 コンサートが始まる前には佐野原神社の拝殿を案内をしましたが、日本の神社等の建物に興味があり熱心に見学していました。

 
(写真:コンサートの様子)
 2018.09.30  今日は朝から夕方まで雨が降ったり止んだりと・・・台風が近づいています。

 天気が悪いので、今月行う「佐野原神社 宝物展」に使用する資料等を作製していました。

 佐野原神社に寄付して頂いた中に、明治時代に活躍し現在、NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する人物で、初代内閣総理大臣の伊藤博文、勝海舟、有栖宮殿下・・・・一度は聞いた事がある名前の方々から寄付していただいています。

 御祭神の二条為冬卿は藤原定家の玄孫であり和歌にとても才能がありました。寄付して頂いた中には和歌を献歌されているかたもいらっしゃいます。そのような和歌も、宝物展に公開します。是非、足を運んでみて下さい。

 昨日、5日に行う「クラシックコンサート」のチケットの件でお知らせしましたが、当日券は平松公民館で販売することになりましたのでよろしくお願いします。

 16時ぐらいから佐野原神社拝殿の中を見学することができます。
 2018.09.29  今日から明日まで雨がつづきます。しかも、また台風がきます。皆様十分に気をつけて下さい。
 クラシックコンサートのお知らせがあります。

 10月5日(金)に佐野原神社内にある平松公民館で、チェコ共和国人気アーティストのマルティン・コスさん、ステパン・コスさん、ゲストでジリー・ローハンさんの来日公演を行います。

時間:17:00時開場・17:30開演 19時終了予定
定員:50名
入場料:大人:2000円(特別価格) 中学生以下:無料
チケット取扱:すそのテラスかどや(佐野原神社では取扱していません)

普段、生でクラシックを聞くことはあまりないと思います。是非お越し下さい。
 
(写真:ポスター)
2018.09.24   今日も一日天気がよく暖かい日でした。

 先週に引き続き、今も彼岸花がたくさんさいています。

 将軍塚の裏手には「アジサイ」「榊」が植えています。ふと見てみると今の状態だと、彼岸花が全くみることができませんでした。本日、刈り込みをしてだいぶご覧になれるようになりました。
  


(写真:アジサイの刈り込みの様子)
2018.09.17   暑さがまた戻りましたね。

 この時期、土手や田んぼの近くには赤い色をした曼珠沙華(彼岸花)が咲いていますが、佐野原神社の境内や将軍塚の周りにも彼岸花が咲いてます。

 赤い花・白い花・黄色い花と三種類です。この花は名前のようにこの時期のお彼岸の時期に咲きますね。祭神の二条為冬卿も、真っ赤なジュータンのような彼岸花を見て、すばらしい和歌を詠んでいらっしゃると思います。

 彼岸花は今週が見頃になっています。参拝の時に是非ご覧下さい。将軍塚の中には入ることが出来ませんが、周りからご覧なれます。
  
 


 
(写真:赤・白・黄色の彼岸花)
 2018.09.16  今日は山神社の例祭です。

 地域のコミュニティー祭でたくさんの方が神社の方に集まりました。
 朝は霧雨な感じでしたが、だんだん雨が止みました。コミュニティー祭も無事に終わりました。

 式典が終了後、神社の大幟を寄進して頂いた米田様に感謝状の授与をおこないました。前の旗が90年ぐらい使用していたので今回の大幟はとても丈夫な生地を使用しているので100年以上は大丈夫だと思います。後世に残る大事な大幟です。
 



(写真:上段 山神社式典・感謝状贈呈
下段:コミュニティー祭主催の地域振興委員会メンバー(一部))
2018.09.15    今日は一日中雨が降っています。雨が上がらないですね

佐野原神社から近い所に鎮座する「山神社」の前夜祭が本日執り行います。地域振興委員会の皆様が、一生懸命準備をしてくださりお祭りを盛り上げていただいています。
お時間のある方は是非来て下さい。生ビールがあります。17時より開始です。
 
(写真:山神社ちょうちん付け・ライトアップ)
 2018.09.09  本日は、佐野原神社のお守りを取りそろえることができました。
「御守護」「合格守」の2種類です。

 御神祭の二条為冬卿は「学問と文芸の神」として地域の皆様、参拝者の方々に親しまれています。来週より社務所でお受けできます。どうぞ御参拝下さい。「御守護」のお守りは字の下地が白く、ラメの桜が描かれていてとてもきれいです。柄は1つずつ違うため同じのはありません。
「合格守」は紫を基調としてありがたく仕上がりました。

 
(写真:「御守護」「合格守」のおまもり)
 2018.09.08  来週16日は山神社の例祭です。今日は地域振興委員の皆さんと一緒に山神社の草刈りをしました。8月に河川掃除の時に草刈りを行いましたが、そのときに刈っていたので今回は少しは楽にできました。8月に刈っていなかったら今日は大変だったと思います。天気予報では朝から雨が降る予定でしたが、草刈り中は何とかもちました。例祭当日の天気が心配ですが・・・

 山神社は昔からある神社です。神社にある「矢倉沢通見取図」文化元年(1806年)に制作(東京美術 発行)した絵図に記載されています。

写真:山神社の草刈り)
2018.09.02   今日は八幡宮の例祭です。

 あまり知られていませんが、昔は八幡宮は裾野駅のホームの近くにありました。移動して今の場所に鎮座しました。

 8時から準備開始でしたが、大雨、雷とひどい状態でした。こんな天気だと足下も悪くなるし参拝する方や地域の皆さんも準備するのも大変だと思いましたが、しばらくすると雨も止みました。神様ありがとうございます!!始まる前の禊ぎの雨ですね。

 予定通り、子供神輿巡行、式典、もち投げ等無事に終わりました。
たくさんの方の協力のもと出来ました。ありがとうございます。!!
 


(写真:平松八幡宮 子供神輿お祓い・式典・もち投げの様子))
 2018.09.01  今日は平松八幡宮の文化展を平松公民館で開催しています。

 地域の皆さんが日頃作っている作品を公開しています。是非見に来て下さい。明日も平松八幡宮例祭と同時に開催しています。

天気が心配ですが・・・
  
(写真:文化展の作品)


 明日は子供神輿3基が町内を巡行します。下にある宮型は御神輿に乗せる八幡宮のおふだが納めてあります。

 式典では宮司が修祓を行う時に使用する大麻があります。例祭前には本榊の木の枝をみて切ります。同時に玉串に使用する本榊も数十本切ります。神様に捧げるのできれいに整えます。
 
(写真:神輿の宮型    大麻、玉串の榊)
2018.08.26  来週は平松区の氏神様であります「平松八幡宮」の例祭があります。担当のみなさんも準備に追われています。
 式典では神様には米や酒、餅、魚(真鯛)などを神饌物としてあげます。量も多いため前もってお店に発注します。

 佐野原神社の入り口の花壇にケイトウの花を植えました。秋が見頃になります。楽しみですね。60㌢から80㌢まで伸びるそうです。風当たりが強いので少し心配ですが・・・

 
(写真:ケイトウの花)
 2018.08.19  今日は裾野市の河川掃除があり、区民の皆様が地区をきれいにしました。
山神社も草が伸び始めてきたのでみなさんで刈りました。

 佐野原神社では、平松八幡宮・山神社の例祭に使用するしめ縄作りを行いました。藁は乾燥していると絞めるときにうまく出来ないため前日に湿らせておきます。
 そのままの状態だと使用できないため、必ず藁をすきます。そうすることによってしめ縄がきれいに出来ます。作るところはちょうど日陰になっていて炎天下の中で作業をしなくてすみました。

  

 
(写真上:山神社清掃   写真下:しめ縄作り)
 2018.08.18   9月2日は平松八幡宮の例祭・9月16日は平松の山神社の例祭があります。
このときには必ず神社の鳥居等のしめ縄を新しく交換します。明日作製しますが、今日は昨日に比べると過ごしやすい陽気ですが、明日もこんな感じだといいんですが・・・・

(写真:しめ縄作りに使用する藁の準備)
2018.08.15  本日は来月行われる平松八幡宮のポスターを子供会の皆様が作製していただいたので紹介させていただきます。

 10名のポスターを佐野原神社ホームページの「トップページ」に掲載しました。みなさん一生懸命書いてくれました。

 9月2日はこども神輿の巡行があります。今年は本村下区の神輿は新しくなりました。子供達が元気に担ぎますので近くを通りましたらよろしくお願いします。
 2018.08.14  先日より裾野市は突発的な豪雨でした。

佐野原神社の方は無事でした。氏神様である平松八幡宮の拝殿の屋根が台風12号で枝が瓦にあたり3枚ほど割れてしまいましたがすぐに修理しました。

 この周辺は特に水害での被害の方は聞いていないので安心しました。雷や豪雨はきついですね。停電はありましたがすぐに復旧したり2~3時間停電していた地域もあるそうです。神社も古い建物なので建物のメンテナンスは必要ですね。

 9月に氏神様であります「平松八幡宮例祭」のポスターを子供会の皆さんに作製して頂きました。今日は佐野原神社に掲示しているポスターを一部紹介します。平松区の周辺にはいろんなポスターが掲示しています。

 散歩などしているとき気づいたら見て下さいね~

(写真:佐野原神社掲示版 子供会による平松八幡宮のポスター)
 2018.08.05  今日も猛烈な暑さです。
神社でも参拝者もおみえになっていますが暑さにはきおつけて下さい。水分補給は大事ですね。
 境内の周辺にあじさいがたくさん植わっています。さすがに花が枯れそのままの状態なので剪定をしました。
 あじさいは翌年にはちゃんと芽がでてくるので枝をかなりつめました。この天気での作業でしたので休憩をとりながら半分行いあとは次回にまわします。

 今は子供達は夏休みですね。学校の宿題で地域の好きな所について、そこの担当者にインタビューをしてまとめる宿題があるそうです。
 今日は小学生のお子様とお父さんが社務所にきて神社の創建や御祭神についていろいろ聞いて行き、メモをしていました。多くの方に佐野原神社のことをしっていただきたいですね!

(写真:神路橋横のあじさい)
 2018.07.29  今日は昨日の台風の影響で佐野原神社がどうなっているか心配しましたが、槇の木や銀杏の木、楠の木の一部の太い枝が折れていましたが、建物は無事でした。将軍塚の層塔にも被害がなく安心しました。

 神社には神様がいらっしぃますから守られていますね。
 
(写真:境内・将軍塚の様子)
 2018.07.22  今日は地域の民生委員と防災委員が公民館に集まり災害対策の打ち合わせをしていました。
 その集会が終了後には佐野原神社の説明を拝殿にて行いました。皆様興味深く話しを聞いてくれました。

 佐野原神社がどのような神社なのか多くの方に知って頂きたいですね。

(写真:拝殿内の説明)
 2018.07.21  まだまだ暑い日がつづきます。熱射病に注意して下さい。

 今日は外が暑いため、社務所の中で奉仕をすることにしました。ホームページを確認していると追加したい項目等がでてきましたので編集をします。編集がおわりましたら報告させて頂きます。
 2018.07.16  3連休はとても暑い日がつづきました。

 今日、御神域に植えている藤の花を見てみると7月なのに花がさいていました。いつも4月下旬頃さく花ですがめずらしいですね。

 最近はとても暑く外には出たくない状態ですね。部屋にいても外にいても水分補給は大事です。

(写真:7月に咲いた藤の花)
 2018.07.15  今日は佐野原神社の裏には「地蔵尊」があります。

 朝から夜までお祭りをおこないます。平松区では「子育てお地蔵さん」として親しまれ、地域の方で子供が生まれたらお地蔵さんにお参りをして赤ちゃんのよだれかけを1枚地蔵尊より頂きます。元気に育ち1年たってもう一度お参りをします。今度はお礼に2枚よだれかけを奉納しお礼をします。これは昔からおこなっている行事であります。

 念仏を行い、子供達の相撲大会を行い地域の交流を深めています。

(写真:地蔵尊祭 こどもすもう大会)
 2018.07.08 今日は地域の掃除がありました。佐野原神社をはじめ、氏神様や山神社他、たくさんの方で行いました。

 今日はかわった神社総代の方より球根を頂きました。写真にのせましたが、こんなに小さいチューリップの球根は初めて見ました。(世間では知っている方はいるかとおもいますが・・・)花の背丈は低いそうです。たくさん頂きましたので来週境内に植えたいと思います。春にさくのが楽しみです。

(写真左:チューリップの球根)
 2018.07.07  先週より天気の悪い日がつづいています。強い雨や突風がふいたり・・・

 裾野市では毎月「広報すその」が発行されます。今回7月1日号の最後のページに「富士の裾野を彩る」のコーナがあります。今回は佐野原神社の建立についてが記載しています。

 神社には、明治政府の方々からの寄付や地元の方の協力があって建立しています。祭神が、天皇家に仕えていた方でもあり、、百人一首で有名な藤原定家の玄孫でもあります。
地元の方が何度も手紙等のやりとりしている資料がたくさん保管しています。

 しかし未だにすべて確認することが出来ない状態です。やはり昔の字で書いていたり、達筆すぎて・・・佐野原神社にとっては大事な宝でもあります。もしかしたらあらたな新発見があるかもしれませんね。


(写真:広報すその 7月1日号)
2018.06.24   今日は11時より「佐野原神社夏越大祓」を11時より執り行いました。

 式が始まる前に一瞬禊ぎの雨が降りましたが11時の大祓式には晴れ無事に行いました。皆さんも一緒に茅の輪をぐぐり、半年間の罪・穢れを祓いました。

次回は12月の年末に行います。

(写真左:大祓式   写真右:茅の輪くぐり)
 2018.06.23  今日は明日行う「夏越大祓」の準備をしました。

 大きな輪を作るのに「茅」をとりに行くことから始まります。某線路沿いの土手より切り出してきます。「茅」は広範囲に広がって生えています。その変わりに他の雑草も一緒にあるので、輪を作る前のは選別が必要とないます。

 皆様の半年の罪・穢れを祓い、無病息災の祈念を行いますので丁寧に行います。今日は昼前より雨が降り始めてしまったため当日に輪を組み立てます。
 下の葉写真の違いわかりますか?似ているようでちがいます。右が「茅の輪」に使用します。左はススキです。ススキの葉は鋭いため手を切ってしまう為、仕分けの時は注意が必要です。

 是非、11時より式が始まります。佐野原神社にお越し下さい。当日都合の悪い方は、30日まで置いてありますのでくぐりに来て下さい。

くぐり方は輪の右横に掲示しておきます。
 


(写真上左右:夏越大祓準備  下写真:「茅」はどっち?」
 2018.06.17  今日は天気がよく参拝者も多い日です。

 6月24日は「夏越大祓」が取り行われます。この時期は雨が多い為、23日より準備するので天気が心配です。

 佐野原神社の授与品の中に「茅の輪 お守り」があります。これは、6月に行う「夏越大祓」の茅の輪をモチーフにしている佐野原神社オリジナルのお守りです。

 授与品には数種類の色があります。やはりこの時期は「茅の輪」のイメージがあるので緑色を授与される方が多いです。冬になると今度は違う色を授与される方が多いです。

 無病息災のお守りです。

(写真:佐野原神社オリジナル 茅の輪おまもり)
 2018.06.16  梅雨に入り気温がさがりました。
体調管理をしないと風邪をひいてしまいますね。

 先月、6日に佐野原神社にて例大祭が執り行われました。その時に「裾野ジャーナル」様が、式典の様子や地区の地域振興委員の皆さんが協力していただいている模擬店の様子などの写真を撮って6月10日裾野ジャーナルプラスに掲載していただきました。


(写真:裾野ジャーナル様 2018.06.10掲載 佐野原神社例祭の写真)
2018.06.10   今日は午後からは雨が降り始めました。

2週間後の24日(日)は佐野原神社「夏越大祓」が執り行われます。

 この時期は梅雨の時期なので雨の日が多です。禊ぎの雨ですね。地域の皆さん・他の地区の皆さんどなた様でも参加できます。

 当日、来れない方は事前に人形にてお祓いができます。社務所があいているときのみお渡しすることができます。半年間の罪・穢れをお祓い下さい。次は12月になります。

(写真:夏越大祓に使用する人形)
 2018.06.09  昨日の夜は雨・雷が激しく神社を心配していましたが大丈夫でした。

雨が上がり太陽が出て今日はかなり蒸します。水分補給は大事ですね。
 佐野原神社のアジサイもだいぶ咲いてきました。去年と比べると挿し木で育てたのが大半なので花の開花率が悪いような・・・けどたくさん咲いています。梅雨の時期に咲くアジサイはいいものですね。

 今日は、「裾野十三塚」の塚や場所をこの1年近く熱心に毎日探して頂いていた飯塚さんがいらっしゃいますが、本日社務所においでになられ、昔の地図、当時塚の周りに住んでいた方のお話、神社に残されている参考資料等と比較し、どうしても見つからない塚のだいたいの場所をつかみました。

 現在は土地開発や駐車場になっていて塚はありませんでした。後世にしっかり伝えていかないと、さらになくなってしまう場合もあります。南北朝時代に祭神である二条為冬卿に仕えて方々なので、神社にとっても大事なことです。

詳しい内容は「裾野十三塚について」をご覧下さい。

(写真:神路橋の横のアジサイ)
 2018.06.02  今日は天気がよく神社の草刈りに最高な日です。いや、曇っていた方がありがたいような・・・

 佐野原神社、平松八幡宮、山神社の草刈りを神社総代会と地域振興委員会の協力のもと行いました。たくさんの人数が集まり、8時半から行い、10時ぐらいにはすべて刈り終わりました。
境内を見渡すとすがすがしいです。神様も喜ばれています。

みんなで協力するとあっという間におわります。いいものです。何かを行うときは皆の協力があると何倍との力になります。
 
(写真左:山神社   写真右:佐野原神社)
 2018.05.27  今日は一日暖かいです。いいお出かけ日和です。

 参拝者がおみくじを引いていました。おみくじには神様からのメッセージがありますからね。御朱印もお受けになられる方もいらっしゃいます。テレビを見ていると、現在は御朱印が若い世代のブームになっているのを見ました。御朱印を頂く前には必ず神様におまいりをしてからお受け下さい。中には、御朱印のみお受けになり帰られる方もいらっしゃいます。

 また、5月6日の例祭時にお祓いをした裾野駅の近くより移動した「庚申塔」は、当時、台座があり、香炉?みたいのも存在していました。本日確認したら、土まみれになっていたり、隣の塀を越えて荒れ地にあったり・・・

一部まだ移動していなかったため本日、手でがんばって神社まで運んできました。軽いかな?と思いましたが、距離を歩くと重たかったですね。本日、台座と香炉?庚申塔前に置かさせて頂きました。
 
(写真左:当時の裾野駅近くにあった庚申塔  写真右:移動した台座と香炉?)
 2018.05.20  今日は日がさしていますが、風が強く冷たいような・・・

 この時期になると神社に植えている「あじさい」が咲きます。昨年、挿し木にしていたあじさいが大きくなり花が咲きます。その中の一株が咲きました。一輪ですけど・・・

 神社は御殿場線で走っている電車の中からあじさいが見えるみたいで写真を撮りに来ている方もいらっしゃいました。今年は昨年の倍植えています。楽しみです。隣の平松八幡宮にも植えています。

(写真:境内に咲く挿し木のあじさい)
2018.05.13   本日は公民館にて、「元気な地域つくり研究会」の皆様が集まり、講師の先生の話を聞きいろいろ学んでいました。その関係で多くの方に佐野原神社の事を知って頂きたいと拝殿の中を公開しました。

 社会の教科書にでてくる登場人物で伊藤博文、勝海舟・・・佐野原神社建立の為に125名のお名前が記載している拝殿の寄付額や、その方達が佐野原神社の為に献詠した和歌の額、入江相政が奉納した額、白蓮が奉納した本坪鈴なと公開しました。普段は上がることの出来ない箇所なので見学者の皆さんは喜んでいました。
2018.05.12  明日は佐野原神社にて柳原白蓮・入江相政 奉納本坪鈴を一般公開します。
今日は、拝殿の中を見学できるようにセットしました。是非、明日ご覧下さい。

 5月は本坪鈴が発見された月です。詳しい内容は、ホームページの左 「発見!!白蓮奉納本坪鈴」に記載しています。

 本日より、授与品として佐野原神社御守護の木礼を受けることができます。
 
(写真左:本坪鈴の公開準備   写真右:佐野原神社木礼)
 2018.05.06  今日は天気にも恵まれての佐野原神社の例大祭です。

 来賓の方をお迎え本殿の御扉を開扉し、厳粛に式典を執り行いました。朝から当番区の皆様が直会(なおらい)の準備や、地区の地域振興委員会の皆さんが模擬店を出して例祭を盛り上げてくれました。

 午後はシニアクラブさん主催で地域の皆様と一緒に輪投げ大会を行い盛り上がり地域の皆様との交流をふかめました。
 
 式典前には、本殿石垣の完成お祓い、庚申塔のお祓いを行いました。
  

 

 

 

(写真:庚申塔、本殿石垣お祓い・例大祭の様子・模擬店・輪投げ大会の様子) 
 2018.05.05  今日はこどもの日です。天気がいいのでお父さん・お母さんは子供達を連れて出かけていますね~

 明日は佐野原神社で例大祭があります。今日は朝8時半より、地域の皆様達が拝殿、境内をきれいにしてくれました。昨年より参加者が多く、子供達もたくさんきてくれました。とてもありがたいです。神様も喜んでいらっしゃると思います。

 鯉のぼりは明日までおよいでいます~いらなくなった鯉のぼりがありましたら是非、神社に寄付していただきたいです。よろしくお願いします。




(上写真:地域の皆様の清掃の様子)
(下写真:鯉のぼりの様子)
 2018.05.03  朝方まで突風がふき神社が大丈夫だったか朝確認した所、ダメージがなくほっとしました。神社の周りには大きな木があるので守られています。木は大事にしないといけませんね。
 しかし、鯉のぼりは上げっぱなしのため、突風で1匹飛んでしまい、2匹が開きの状態になって切れてしまいました(泣)残りは無事でした。あの突風でよく耐えたと思いました。

 5日には例祭前なので、地域の皆さんと一緒に拝殿、境内等を念入りに掃除します。本殿の方は普段入ることができないため神社総代が掃除をします。時間がかかるため本日、本殿の外側をきれいに磨かせていただきました。外に鎮座しているため雑巾がすぐに真っ黒になってしまいました。やはり所々ボロボロになっていました。修理をしなけれは!!

 今朝の突風が嘘のように午後はいい天気になりました。鯉のぼりも元気におよいでいます。今日も家族連れの参拝の方が鯉のぼりを背に写真を撮っていました。
 

 
(上写真:開き状態の鯉のぼりと突風に耐えた鯉のぼり)
(下写真:清掃後の本殿と痛んでいる箇所)
 2018.04.30   今日も鯉のぼりが元気に泳いでいます。

 平日には幼稚園の皆さんが神社に鯉のぼりを見に来てくれています。低い所にあるので小さいお子様達にもさわることができるので楽しんでいると思います。鯉のぼりは同じ動きはしないので見ていても楽しい気分になります。

 5月の例祭を行う前には、神様、招待者様をお迎えするのに、拝殿の床にワックスをかけてきれいにしています。昨日から行い2日間で仕上げました。磨き終わると床が光って気持ちいいです。光っていても滑らないワックスなので大丈夫です。

(写真:拝殿の床)
 2018.04.29  今日は拝殿入り口にある格子の窓に塩化ビニールをかぶせ中にほこりが入らないように張っていましたが、さすがにボロボロになり、新規にポリカを張ることにしました。見違えるほどきれいになりました。例祭に間に合いました。

 天気が良く暖かいので、親子連れで参拝する方が多かったです。境内にはたくさんの鯉のぼりが元気に泳いでいるので見に来てくれたと思います。先日の強風で鯉のぼりが2匹ほど飛んでしまいましたが本日元通りに戻しました。

今日は「昭和の日」であるので神社では国旗をあげました。
  

  
(上写真:格子のカバー交換   下写真:鯉のぼりの様子)
2018.04.28   今日は、来月行う佐野原神社の例祭に使用するしめ縄を作製しました。鳥居、拝殿、本殿と作製します。

 しめ縄は正月と例祭の時に作り変えます。平松区では3ヶ所神社があるのでとても大変です。神社総代の皆さんも手ぎわも良く早く出来ました。冬は寒い中作りますが、今日はいい天気の中出来ました。

 また、例祭式典の時、皆さんは円座に座って参拝しますが、長時間座っているのはきついので今回、胡床を50脚購入しました。段ボールで10個で納品されました。これで足のしびれはなくなります(笑)
 
(写真左:しめ縄作り    写真右:胡床  )
 2018.04.22  今日は午前中に、神社総代と地域振興委員会の皆さんと佐野原神社に鯉のぼりをあげました。今年も元気に泳ぎま~す~!!

 神社で鯉のぼりをあげるのは珍しいかと思いますが、5月6日は佐野原神社の例祭があり、その時には子供達もたくさんきますので喜んでくれると思います。

 今の時代はなかなか大きな鯉のぼりを上げる家庭が少なくなってきました。ご家庭でもう上げなくなりいらなくなった鯉のぼりのある方は神社の方に寄付して下さい。2週間ほど上げっぱなしになります。よろしくお願いします。
是非見に来て下さい!!

 先日、神域に咲いている藤の花が、長くなり見頃を迎えました。藤のいい香りが広がっています。
 


・左上写真:神社総代と地域振興委員会で鯉のぼりの設置
・右上写真:藤の花
・写真下  :鯉のぼりの様子
 2018.04.15  午前中は春の嵐で雨風がとても強かったですね。今回の風のような事が十三塚を移動したときにもありました。

 いつも神社のことでお世話になっている方がいまして、1年間ぐらい何処にいったか分からない塚を探しつづけてくれて昨年、偶然に十三塚の内の一体を発見することが出来ました。発見場所は、道路からは全く見えない、林の中にある墓地に置いてありました。

 持ち主様と連絡をとり、ここは時期道路の拡張工事で取り壊される所だったそうです。偶然にも見つかって危機一髪でした。お話をして佐野原神社におまつりしてもいいと許可を頂きました。
 一輪車に塚をのせ、数キロを4人で運び、神社についてまず、祭神の二条為冬卿に挨拶をするために鳥居をくぐり、拝殿に着きお参りをした途端、風は吹いていなかったのに今日の突風のように、突然風が吹き、4人共にびっくりしました。お参り後は風はやみました。

 たぶん、二条為冬卿につかえていた方だったので「よく戻ってきてくれたな」って感じがしました。その後無事に奉戴しました。

 とても不思議な現象でした。現在は境内の芝生の所で見守っています。
 
(写真左:墓地にあった十三塚   写真右:佐野原神社に奉戴した十三塚)
 2018.04.14  春なのにまだすっきりしない天気です。今日から明日にかけて春の嵐になるそうです。お出かけの時は十分気をつけ下さい。

 佐野原神社の御神域には「藤棚」があります。この時期になると藤の花が咲きます。本日、見てみるとだいぶ咲いていました。

 こちらの神社の社紋は「下り藤」になります。もうすこし大きくなってきたら藤棚を広くしたいと思います。

 佐野原神社の御朱印帳は藤の花柄です。
 
(写真左:藤棚  写真右:御朱印帳)
2018.04.08   本殿石積直し工事の時に御神木の根が石垣に影響があったことで、御神木には申し訳なかったんですが、一部切らせていただきました。根がものすごく太く、間知石に食い込んでいました。
神社の御神木は御神域の中にありますので普段、立ち入ることが出来ません。

 今回は間近でみれるように拝殿内右横に置かさせていただきました。根の下にある溶岩石は本殿を建てるときに土台となっていた石です。大事に保管していきます。
今回行われた工事の様子も写真にて展示してあります。

※拝殿が開いているときにご覧になれます。

(写真:御神木(楠木)の根と本殿下の溶岩石)
 2018.04.07   先日、裾野駅周辺の工事で、昔からあった庚申塔を神社の方でお祀りしてほしいと依頼があり、神社総代の手作りで台座を作製し庚申塔を奉戴しました。5月に佐野原神社例祭がありますので、その時に宮司にお祓いして頂きます。

 人が住むのに石造物等があちこちに移動されますが、どこから持ってきたのか記録しておかないと次の世代が分からなくなっていきます。今回も記録はしておきます。

 「裾野市史調査報告書 第六集 裾野の石造物 上」P262に今回の庚申塔は記載しています。

(写真:庚申塔  佐野原神社境内)
 2018.04.01  本日、平松区山神社の「のぼり旗」が完成しました。

 1月17日の社務所日記に昭和八年に奉納したのぼり旗が古くなり上げられない状態の事を書かせて頂きましたが、生地も良い物を使用し、とてもすばらしいのぼり旗ができました。

 この旗は、9月の山神社例祭に合わせ制作しました。皆様にあげている所をお披露目出来るのは9月になります。奉納して頂いた米田勇様は、以前平松区神社総代をされ日々、神社の奉仕を一生懸命されていた方です。

 神様ものぼり旗を奉納したことでとても喜んでいらっしゃいます。奉納日は例祭の九月になります。
  
(写真左:昭和八年の旗   写真右:米田様奉納旗)
 2018.03.31  3月17日から本殿石積直し工事を行い先日終了しました。吉川石材様と神社総代で最終確認を本日行い、工事が終了となりました。

 自然石の積み直しと違い間知石を積むので少しでもずれていくと最後の石が合わなくなるので本当に大変だったと思います。

 石で出来た玉垣のズレも直り、石積も見事に修復していただきました。総代一同喜んでいました。

また、本殿の後ろ側の石積みも隙間が空いているので検討していきたいと思います。

今回の修復はしっかり記録は残しておきます。
 2018.03.25  本日は天気が良く暖かいので、こんな時には遠くに出かけてお花見が良さそうですね。

佐野原神社に植えている河津桜はもう終わりましたので次の花は・・・他の桜はまだ枝が小さくまだあまり咲いていません。現在、5種類の桜を植えています。その内の2種類の苗木は本日植えました。すごい小さいので踏まれないように竹で囲いを作りました。大きくなれば、桜を眺めながら参道を歩けると思います。何年かかるかな?地盤が固くゆっくり成長していくと思います。お楽しみにして下さい。
 
(写真:桜の苗木)
 2018.03.24  昨日で石積の積み直しが終わりました。見えない箇所にはコンクリートをながして固めています。昨日の社務所日記に御神木の根の影響のことをお伝えし、どのような根であったか写真を載せます。

 本殿の下は岩盤になっていて根が下に伸びず、横に広がっていました。太い根と細い根が合わさり細い根はさらに石垣の間知石にめり込み本殿の下を通って、正面の石垣の下を通っていました。長い年月がたち御神木も大きくなり根も太きなり徐々に石積みが傾いてきたと考えられました。また、本殿後の石垣もかなりずれてきています。まだ割れてはいませんが。

 今回は前面の積み直しなので石で製作している玉垣が修復した所とそうではない所ではピッタリあうことはないので更に調整が必要だそうです。
 本日も工事の様子を拝見していましたが、普段見る事が出来ない箇所なので写真を撮って後世に残しておきます。
 河津桜のライトアップ・ボンボリ飾りは終了しました。



(写真:御神木の根 間知石にめり込まれている跡  工事の様子)
 2018.03.23  本日も、本殿石積み直しの工事を行っています。
1つ1つの石を積んでは外し微調整をしながら行っていました。少しでもずれるとうまく石が入らなくなってしまうからです。さすがの職人様も苦戦していました。
 見ている側としては、石と石の間に隙間がなく積んでいくのを見ていました。さすが匠の技!

 順調に進み、ほとんど積み上がっていきました。

 やはり、石ずれの原因はご神木の根が見えない所で影響を与えていました。これ以上石垣が崩れないために、一部の根を切らせていただきました。(すみません)

 
(写真:本殿石積み直し作業)
2018.03.17   本日より、佐野原神社本殿の石積積直し工事が始まりました。
建立100年以上建っています。
 写真に番号をふり、同じように積むように記しをつけます。まず、重たい石の玉垣を外し、本殿がずれないように、杭を打ちます。昔の工法なので採石と土が入っているので石垣を直すとき崩れるのを防ぐためです。

 根の影響で全体的にずれていて業者様も悩んでいました。今回は地元の吉川石材店様に依頼し工事を進めていきます。

 昔の工法で直すとコンクリートは使用しませんが、今回は御神木の根の影響でたいぶずれてしまったため、一部はコンクリートを使用します。

 業者様に伺ったところ、熊本の地震で熊本城の石積みが崩れ、積み直していくような作業になるとお聞きしました。

  


(写真:写真にて位置確認   杭打ち   割れていた箇所  石積外し)
 2018.03.11  今日は昨日に比べ天気も良く、開運河津桜花見会もたくさんの方が見に来て賑わっていました。さくら茶、桜葉羊羹、さくらのお菓子は準備したのはすべて終了となりました。綿菓子は河津桜にちなんでピンク色をしています。河津桜を持っているような感じで大変喜んでいました。

 平松区のさんさん会の皆様が、ゴザをひいて宴会をしていました。楽しそうでした。青空の下でカラオケも行っていました。

 花見の期間中は「裾野音頭」という曲を流していました。この曲の歌詞の一部には佐野原神社の事が書かれています。

 地域の皆様や他から来た方々との交流が出来たことがとてもよかったです。

 
(左写真:平松さんさん会の皆さん  右写真:花見)
 2018.03.10  今日と明日、佐野原神社で河津桜花見会を開催しています。先日の突風の影響で河津桜の花びらが多少減ってしまいました(泣)カンバっている桜もあるけどね(喜)

 寒い中、たくさんの方が桜を見に来てくれました。史跡を巡っている団体の方もお見えになり佐野原神社の由緒について聞いていかれました。

 明日は最終日です。是非お越し下さい。来られた方は「さくら茶」を「風流がありますね~」と言っていく方や、「結婚式の結納の時に飲むお茶だね~」といって喜んでいました。
 
(左写真:さくら茶  右写真:佐野原神社拝殿にて説明)
 2018.03.07  佐野原神社の河津桜も花開いてきました。
鳥居横の河津桜は花と同時に葉もではじめました。はやいですね~

将軍塚横の河津桜は、先日の風にも耐えて花びらはあまり落ちていませんでした。夜に神社を通りましたら、家族連れの方、学校帰りの方、会社帰りの方が写真を撮ったりしていました。車を減速して見ている方もいました。今は見頃だと思います。写真を撮るなら今がいいかと思います。
 河津桜は現在ライトアップ中です。鳥居横のライトアップはレインボーに照らしています。きれいです。暗くなるといい感じです。

また、3月10日、11日は佐野原神社の花見会です。是非お越しください。

   

 

3枚は鳥居横のレインボー河津桜(写真は一部です)
1枚は将軍塚横のボンボリの河津桜
 2018.03.04  今日は平松地区に鎮座している山神社に咲いている河津桜の紹介です。

 山神社は昔からある神社です。神社を囲むように木がたくさんありました。年月がたち木が傷んできたので木を数年前に何本か伐採しました。神社の木なので伐採した代わりに植える木として河津桜を3本植えました。

 山神社は、岩盤の上にあるので土があまりありません。河津桜もゆっくり生長してようやく花が咲くようになりました(小さいけど・・)

 また、3月10日、11日は佐野原神社の花見会です。是非お越しください。
2018.03.03  今日、裾野市では東富士演習場内の野焼きが午前中より行われていました。普段、佐野原神社より見える富士山は、野焼きの影響で見えなくなってしまいました。天気がいいのに野焼きの部分の空だけ薄暗くなっていました。

 佐野原神社に置いている「開運おみくじ」の箱には富士山の絵が書いてあります。こちらはいつでも富士山が見えます(笑)

 おみくじは、まず神様にお参りしてから引きます。おみくじを引いた方がよく「こちらのおみくじを引くと今、自分が悩んでいたことに対してアドバイスが書いてあります」など社務所に伝えていく方もいらっしゃいます。神様が答えてくれているんですね。

おみくじは社務所が開いている時だけ引けます。初穂料100円です。
(左:こどもおみくじ  右:開運おみくじ)
 2018.02.25  今日、午前中は冷え込んで雪でも降るかと思いましたが、午後になると暖かくなってきました。昨日、ふとテレビを見ていましたら、「君が代」のことについて放送されていました。

 佐野原神社の拝殿の寄付金の額には日本国歌の君が代の編集を行った「公爵 大山巌 殿」の名前があります。

 現在放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」の西郷隆盛との深く関係のある方です。
 公爵 大山巌 殿は佐野原神社に寄付金と献詠されており、拝殿に詠まれた歌が残っています。

「植置幾し 我盤大和● 帰累とも 千代ま天に本へ 山左久ら花」●は読めませんでした。

 午後は暖かくなってきたので河津桜を見ながら神社に参拝の方が来られていました。

(左写真:寄付金の額  右写真:献詠の額 )※写真が見えづらくすみません。詳しくは、本ホームページ「佐野原神社いろいろ」に掲載してあります)
 
 2018.02.24  今日は風が吹いていますが、暖かい日です。河津桜を見ながら参拝に来られる方もいらっしゃいます。
 2月4日の社務所日記で平松八幡宮の梅の花をご紹介させて頂きましたが、本日見てみると満開になっていました。

 佐野原神社の境内を掃除していますと、犬の糞が参道の真ん中にあったり、御神域の中の花の上にあったり・・・たぶん夜に神社で犬を放している方がいらっしゃるかと・・・思います。神社内での犬の散歩は問題ないんですが、あと始末はお願いします。掃除をしていると、草の間にあったりすると・・・誰でもいやな気持ちになりますよね??(写真:平松八幡宮 梅の花)
 2018.02.22  3月10日(土)・11日(日)に行う、「佐野原神社開運河津桜花見会」に皆様に振る舞う「さくら茶」を準備させていただきました。

 さくら茶は結婚式などめでたい席に振る舞われることが多いお茶です。それは縁起がいいからです。お湯の中にさくらの花が咲く「花開く」といっておめでたいという意味です。

 日頃、何かしらのご縁があり佐野原神社に参拝されていると方もいらっしゃると思います。祭神との縁、参拝者の方との縁、地域の皆様の縁、そういったつながりを大事にしていきたいので今回の花見会は、「佐野原神社 開運河津桜花見会」となっております。是非、参拝ください。
2018.02.18   本日は、天気も良く暖かいです。春が近づいてきました。この時期になるとあちらこちらで桜のイベント等が開催されます。佐野原神社では河津桜の本数は少ないですが、ボンボリを灯します。また、鳥居近くの河津桜の1本には・・・・・来てのお楽しみです。

 ライトアップの準備として地区の地域振興委員の方と協力して準備をしました。
 まだ河津桜は一分咲きですが、夜になると幻想的になります。

 今日から17時30分~23時までライトアップします。是非見に来て下さい!!
 
 2018.02.17  本日は日差しは出ていますが風が強い日となっています。佐野原神社に植えている槇の木の枝も大きく揺れています。槇の木は、住宅の塀に使用している方もいらしゃいますが、佐野原神社には大きな槇の木が3本あります。しかも大きく枝が垂れて下がっています。

 将軍塚横の河津桜は鳥居横にくらべるとまだまだ蕾が膨らみません。明日からボンボリを設置します。
(左写真:槇の木  右写真:将軍塚横 河津桜)

 
 2018.02.12  本日は突風が吹き寒い日となっています。お出かけの際はお気を付け下さい。
佐野原神社の拝殿は築100年以上たっています。先代の総代さんや区民の皆様が屋根の葺き替え等いろいろ修理を業者様に依頼し修理をしてきました。
 今日みたいに風が強い日などは、朝拝殿を開けると中に落ち葉やほこり等が入っています。建物等がゆがんだり扉に隙間ができたせいです。大掛かりに直す場合は専門業者様にお願いしますが、少しのことなら私たちで修理し維持していきます。今日は扉の隙間に木を張り外からほこり等が侵入するのを防ぎました。これで大丈夫です。

 河津桜は昨日に引き続き二輪咲き、計四輪です。来週は河津桜にボンボリを設置します。

 2018.02.11  本日は日本の建国を祝う日である建国記念日です。
各神社では国旗をかかげます。佐野原神社も御祭神は二条為冬卿であり天皇家のゆかりのある方です。

 風は強いが暖かさがあります。佐野原神社の河津桜標準木は二輪咲きました。開花宣言の五輪までもう少しです。今夜からまた寒くなりますので蕾はまた開かないとおもわれます。

2018.02.10  先日行われた節分祭で、裾野ジャーナルさん2月8日(木)第4261号にて、佐野原神社で行われた節分祭の記事が掲載されています。近隣の神社で行われた佐野八幡宮様も豆まきの写真も掲載されています。
 今年は土曜日開催となり、親子連れの方が多かったです。家で行う豆まきと違ったと思います
佐野原神社に植えている河津桜の様子はトップページにて紹介していきます!!


上写真:佐野八幡宮  下写真:佐野原神社
2018.02.04   2月4日は立春です。暦では春です。今日は日差しが出ていますが風がものすごく強いです。花粉症で敏感の方はきついかもしれませんね。
 今週から受験シーズンです。佐野原神社は学問と文芸の神様です。必勝合格祈願を!!
平松地区の氏神様である平松八幡宮の境内に植えている梅の木の花が咲き始めました。春を感じます。
 佐野原神社に植えている河津桜は一部蕾が膨らんでいますが、まだ咲いていません。もうじきライトアップの準備を行います。(写真は平松八幡宮 梅の花)

 2018.02.03   本日は佐野原神社の開運厄除節分祭です。
朝より、地区の皆さんの協力の元、準備を行いました。式典前に、以前より本殿の石垣がずれているので積み直しを行う為、事前に宮司より清め祓いをして頂き、工事の安全を祈願しました。12時より厄除けを祈願する28名のお祓いを行いました。何と!すそのん、サンリィ、ミミリィ、が遊びに来てくれました。子供達も写真を撮ったり喜んでいました。
 13時より裾野警察の方が「オレオレ詐欺」についておそろしいことを皆さんに伝えていました。皆さんしっかり聞いていました。詐欺には気をつけ下さいね!エスピーくんも登場しました。13時半より「鬼は外!福は内!!」と声を大きくして豆をまきました。たくさんの方に来ていただきました。
 
 


 2018.01.28   本日は寒い中、東地区史跡探訪ウォーキング大会がありました。
今年で14回目となります。毎年、コースを変更して2手に分かれて地区の歴史に触れます。今年は佐野原神社もコースに入っており案内の先生が説明をしていました。
 神社、寺、屋敷跡などを見学し、コースには、滝頭遺跡の見学もありました。最近まで遺跡調査が行われ、今は終了し埋め戻されています。現在は調査報告をまとめているところだそうです。大きな事業をやるときは必ず調査が入るそうです。ゴールには暖かい豚汁を地区の方が作っていてくれました。
 毎年、コースも代わり新たな発見があるかもしれません。是非来年も参加してください。(写真左:佐野原神社の将軍塚 写真右:宮方塔)
  
 2018.01.27   本日は、神社の装飾として雪洞(ぼんぼり)を拝殿においてあります。実際にはろうそくなどを入れ神様の前を明るくしておきますが、ろうそくは万か一があると火事になる恐れがあるためいれることはありません。今までは電池式のろうそくで対応していましたが、遠くから見ると目立たない状態でした。今回は、雪洞にLEDを取り付け、拝殿に一部電源コンセントを付けました。
 雪洞は、崇敬者の方が手作りで奉納して頂いた物です。神様も喜んでいるとおもいます。

 明日は、東地区の史跡探訪ウォーキングがあります。スタートは見目神社です。佐野原神社もコースに入っています!興味のある方は是非参加してみて下さい。
時間:9:00~ 参加は当日OKです 無料

2月3日は節分祭なので境内周辺に旗をあげました。
  

 2018.01.21  本日は、佐野原神社開運厄除節分祭の舞台作り、福豆の袋入れ等を神社総代を始め、区民の皆様で作業を行いました。
 舞台作りにおいては、地域振興委員会の皆さん、地蔵会の皆さん達の協力で予定より早く完成しました。当日紅白幕を取り付けます。今年より、舞台を20センチ低くしています。豆を撒く方が拝殿から舞台に登場する時、今までは坂になってあぶない状態でした。今年からは平らの状態で渡れます。
 シニアクラブの皆様には1つ1つ袋に福豆、あめ、お菓子、抽選券などを詰める作業を行って頂きました。
 皆さんと一緒に奉仕を行うと一体感があります。節分祭にいろんな方に来てほしいと言う気持ちさが伝わってきます。
 厄払いを祈願される方は申し込みを早めにお済ませ下さい。初穂料10000円です。
  
2018.01.20   本日は、毎年行われている地元の「ふれあいサロン」の会の方が、佐野原神社の所にある公民館にて「百人一首」を行っていました。
 祭神の二条為冬卿の祖先は藤原定家卿であり百人一首に深くかかわっております。皆さんが楽しく行っている様子を神様もご覧になられていたと思います。



 地元の絵の得意の方が、2月3日(土)に執り行われます佐野原神社開運厄除節分祭のポスターを作成していただきました。
 鬼の顔のリアルな感じが伝わってきます。神社や平松地区に掲示しています。
 
 2018.01.17   本日は雨の中、山神社の例祭を11時より厳粛に執り行われました。
山神社の祭典は9月と1月に執り行われます。
 平松地区に鎮座する山神社は岩盤の上にあり、拝殿の扉を開けていると下から風が通り抜けこの時期はとても寒い式典となります。式典には神様に感謝の気持ちで3名の氏子さんが奉献酒を奉納していただきました。

ところで、神社によっては、よく大きなのぼりを目にすると思いますが、山神社の大きなのぼりは昭和8年に制作し現在はかなり変色し、ボロボロの状態です。その中、以前神社総代をされていた氏子さんが、新しいのぼりを奉納して頂けると正月に社務所に報告がありました。
神様も喜ばれると思います。

9月の式典に皆さんにお披露目出来ると思います。楽しみです。
 
2018.01.14  今年の節分祭は2月3日の土曜日に行われます。佐野原神社では昼から式典を行い、
1時30分から豆まきを行います。今日は節分祭に合わせ拝殿の準備を行いました。
赤いじゆうたんを敷き、厄除け、健康祈願の豆をまく参加者の方達が拝殿でのお祓いを受ける為の事前準備をし、当日の式典が滞りなく行われるよう気持ちを引き締めて行いました。
 来週は、いよいよ豆まきの舞台作りです。
2018.01.13 もうじき受験シーズンになります。
佐野原神社の御祭神は藤原朝臣二条為冬卿です。
百人一首で知られている藤原定家の玄孫にあたる方です。為冬卿は幼少より和歌の才能がありました。昭和天皇侍従長をされていました入江相政様は、為冬卿は先祖にあたることで佐野原神社に参拝され、祭神の御神徳は「学問と文芸の神」とおっしゃっておりました。
受験生のみなさん!!神様に願いが届くように「絵馬」を奉納されてはいかがでしょうか?
佐野原神社の絵馬は、為冬卿、将軍塚、社紋である藤の花が描かれているオリジナルの絵馬です。

2018.01.07
今日は、どんど焼きです。正月に玄関に飾っていたお飾りや、神棚にお祀りしていた御神札やお守りをおたきあげしています。

地域の皆さんが来て団子を焼いています。佐野原神社は「学問と文芸の神様」なので書き初め等をたいています。空高く上がっていました。字が上達しますように!

地域の地域振興委員会の皆さんが、暖かい豚汁を振る舞っていただきました。寒い中食べるのは体が温まります。ありがたいです。




2018年 神路橋から見た佐野原神社の鳥居から上る初日の出です。
この時期だけに見られる偶然が重なる瞬間です。皆さんに御利益がありますように!!




午後より、裾野市の市立鈴木図書館俳句の会の方達が、神社の拝観、白蓮の鈴を見学にお来られました。
今日、ご覧になったことを次回俳句にしたためるそうです。御祭神の二条為冬卿は和歌の才に恵まれていたので、本日、ご覧になった方達もすばらしい俳句が出来ることを期待します!
白蓮の本坪鈴も特別展示しました。本坪鈴の隣にある桜は「すそのさくら」です。この寒い中さく桜です。






一足早い鏡開きを神社総代・シニアクラブのみなさんでいただきました。
シニアクラブの皆さんには早くから準備をして頂き、おしるこの味付けもちょうど良く、おいしくいただきました。
神様の力を授け感謝し、無病息災を願いました。。



リンク先  
 
 
 
 
   
担当宮司の神社   
   
   
近隣の神社   
   
   
 当ホームページで使用している地図や写真等の無断引用・転載はご遠慮下さい。