学問と文芸の神 佐野原神社公式ホームページ
お知らせ
社務所は土・日曜日のどちらか開いています。
平日は開いておりません。
土・日曜日でも都合により開いていない場合があります。

神社の赤い橋「神路橋」の近くの広い駐車場は
「安全タクシー」様の待機場となっています。
絶対に止めないで下さい。



ホームページ内の「社務所日記」更新中です

10月20日(日)
宝物展特別御朱印
9時30分~10時45分(書き置きはございません)


10月22日(火)・26日(土)・27日(日)9時~14時
「奉祝 御大礼 天皇陛下即位礼正殿の儀 特別御朱印」
図柄は2種類ご用意いたしますが、指定は受け付けておりません。
御朱印は「参拝の証」としてお受けするものですので、代理受付は行っておりません。




(台風に伴い変更しました)

佐野原神社 宝物展のおしらせ

2019年10月20日(日) 
     (雨天の場合、翌27日)

9時30分~15時まで

 今年も、佐野原神社に保存されている宝物や貴重品の内からいくつかを展示いたします。

明治の初め、王政復古を旗印に新しい国づくりを目指した新政府は、かつて、後醍醐天皇の新政のために戦った皇族や忠臣を祭る「建武中興十五社の創建」を認めました。ところが、古い昔から平松新田の人々が守り続けてきた「将軍塚」は、その中に含まれていませんでした。「将軍塚」は、建武の中興を守ろうとしてここ佐野原の地に斃れた二条為冬の墓だったのです。

 このことを悲しんだ地元の有志が明治政府に働きかけ、様々な経過を経て創建されたのが佐野原神社です。明治9年です。そうした地元の人々の熱い志に感激した明治政府の要人をはじめ、宮内庁・公候伯子男の有爵者その他多くの人々から拝殿建築寄付金・奉納品等が多数寄せられました。      

明治天皇からは、「霊代(みたましろ)」として短刀が下賜されました。130年以上前のことです。

それらの宝物や貴重品を、ぜひ地域の人々に見ていただこうと十年以上前から、虫干しを兼ねて公開することにしたのが、「宝物展」                 まりです。



佐野原神社では拝殿で参拝する「昇殿特別参拝」を行うことができます。

初穂料:一人1000円 玉串拝礼・木札授与
※社務所に置いている申込書に記入して下さい。


 
 
 
 
 
リンク先  
 
 
 
 
   
担当宮司の神社   
   
   
近隣の神社   
   
   
 当ホームページで使用している地図や写真等の無断引用・転載はご遠慮下さい。